自由研究【工作・生き物・観察】
*
ホーム > へちまの観察 > へちまの種から発芽

へちまの種から発芽

へちまの種から発芽成長について

へちまといえば、小学生の理科で成長を観察するかなりメジャーな 植物ですよね。私自身、小学校のときに学校で育てていて、観察記録をつけ、 最終的にはへちまたわしにするという理科の事業を受けた記憶があります。 へちまといえば、最近は夏場に節電対策として緑のカーテンを庭につくる人が増えてきたのですが、そこでつかわれる代表的な植物の一つとも いえるかもしれません。いずれにしても、へちまというのは夏場にとても成長が楽しみな植物なん ですよ。へちまは夏場に非常に成長が楽しみな植物です。 ちなみに、ヘチマの発芽温度というのは25~28度と一般的に言われています。 このように発芽する温度が高いので、4月下旬以降に種まきを行うといいですね。 うちの近くの小学校ではゴールデンウィーク前あたりに種まきをするようです。さて、発芽成長については、きちんと観察記録をつけておくと、とても 面白いです。というのも、へちまはその成長の早さが特徴的な植物の一つ。 子供としては、なかなか芽がでない植物の何倍も観察記録が楽しめると思いますよ。


関連記事

へちまの種から発芽
へちまの種から発芽成長についてへちまといえば、小学生の理科で成長を観察するかなり...
ヘチマの発芽温度
へちまの種から発芽成長について へちまといえば、小学生の理科で成長を観察するかな...
へちまの種から発芽成長について
へちまやの種から発芽成長について観察したら 観察してみるとかなり奥が深い事がわか...