自由研究【工作・生き物・観察】
*
ホーム > 野菜や果物の観察 > 野菜や果物の花を観察

野菜や果物の花を観察

野菜や果物の花を観察してみましょう

IMG_0988.jpg

根菜以外の野菜は、たいていのものが花が咲いて実がつく、というものが多いです。
野菜の種類によって異なる[つぼみの形]や[花の色、形、匂い]をくらべてみるのも面白いです。
花が咲いた後は、花のどの部分が実になっていくのか、その過程をみていきましょう。

いちごは、種類によって花の大きさ、色が違うものがあります。
白い花をつけるいちごはよく知られていますが、ピンク色の花をつけるいちごもあります。
同じ野菜でも、その種類によって花も異なることがあります。
もちろん、その場合は実を比べても違いがあります。


普段何気なく口にしている野菜も、自分で育てて観察してみると新たな発見があり、野菜や果物がどのように育ったかが想像できます。
なすの花はとてもきれいな紫色で、花びらが横に大きく開きます。
自分で育ててみると、実がつくまでの間も花が目を楽しませてくれます。
夏休みにお子さんと野菜の苗を育てて、どんな花がついて実になるのかを観察するのもいいですね。
食べるときの感動も楽しめます。

 


タグ :