自由研究【工作・生き物・観察】
*
ホーム > きゅうりの観察 > ミニキュウリを観察しよう

ミニキュウリを観察しよう

植物が実をつけるために必要なこと

小学校の自由研究で、家庭で1つ、実のなる果物や野菜を育てるようにといわれています。
我が家では、ミニキュウリを育てています。
息子は初めての野菜作りで、毎朝一生懸命水をあげています。
しかし、ただ、水をあげているだけではキュウリは育たないということを、学校や家庭で教えています。
また、種から植えた植物が、本葉を出し、枝を伸ばして葉を増やしていく工程は、これから花をつけ、実をつけるためにとても大切なことで、そのためには土作りと適度な肥料、そして日光と水が必要です。


花をつけた植物は、受粉が必要なものもあります。
人間が受粉させてあげることもありますし、虫が自然と受粉をしてくれることもあります。
その間に病害虫を除去し、わき芽を取ったりして健康な植物を維持することで、立派なキュウリが出来上がります。
まだキュウリは出来ていないのですが、我が家のキュウリの苗にも花がつくようになりました。
とても可愛らしい花で息子は朝起きたら一番に見に行っています。
植物が育つために大切なことを、息子も今回の宿題で色々学んだことでしょう。