自由研究【工作・生き物・観察】
*
ホーム > 昆虫採集で観察 > 家の近くにいる昆虫の観察

家の近くにいる昆虫の観察

草に住むたくさんの虫

虫は、田舎の子供にとってはとても貴重な遊び相手で、失礼な言い方ですが生きたおもちゃです。
土の中で成長して、木に登って羽化をするセミは、子供の時に 家の中に連れて来て観察を
した人は多いのではないかと思います。
セミは、とってもたくさんいましたから。
抜けがらを集めて遊ぶことも多かったですね。集めたがる虫 と言うと、ダンゴ虫やでんでん虫かな。
たくさん痛い思いもさせてしまったと思います。
申し訳なかったことです。


てんとう虫は可愛くて、子供には人気でしょうね。絵本にもなりやすい可愛い外見です。
てんとう虫の幼虫は、とんぼの幼虫のヤゴを短くしたような姿で、この羽化も見たコトがあります。
羽化したての時は、羽根に赤と黒の模様がなく、黄色いのです。
動かずに、羽根が乾いて飛べるようになるまで いろいろな虫はガマンしていられて、人間の
子供よりガマン強いですね。

蝶々は羽根が大きくて、羽化後のガマン時間に 何かに触れられてしまうと、飛べなくなるようです。
つい先日、羽根がぐちゃぐちゃっと伸びないまま乾いて固まってしまった蝶々を見ました。
二度と飛べないのがわかり、路上では人に踏まれるので、空き地の草の上に移動させてあげました。

 


タグ :

関連記事

昆虫を通して自然を体験
昆虫採集観察は、最近ではキットなども売られていて手軽に始められるようになりました...
ニイニイゼミの観察日記
7月29日、ミーンミーンと蝉の声が近くで聞こえました。ベランダを見てみると洗濯物...
生物の観察
生物の観察から学んだこと。 子供の頃、夏休みの自由研究として、また単に生物に興...
昆虫とセミ
  昆虫や生き物の観察をしてみよう 大人になると、なぜか虫が苦手となってしまう人...
家の近くにいる昆虫の観察
草に住むたくさんの虫 虫は、田舎の子供にとってはとても貴重な遊び相手で、失礼な言...
虫や生き物を観察
虫や生き物を観察して自然を考える もうすぐ夏休みです。子供の頃は雑木林に出かけて...